Ryuji Nakamura and Associates
 











Reif

In commemorating the 100th anniversary of Bauhaus, this project is to install an installation at the building designed by the architects who were closely associated with Bauhaus. In Halle adjacent to Dessau there are many such buildings related to Bauhaus. The water tower that is one of them is the exhibition site. This water tower was designed by Wilhelm Freise, Wilhelm Jost, Oskar Muy and was built in 1927-29. This building has the decorative property of covering the reinforced concrete structure with bricks although it’s function is a water tower that does not normally have people. The interior is also decorated with the fountain and the pendant lightings to welcome people. In early Bauhaus architecture, expressionism and functionalism coexist, and this building also has their characteristics. Susan Pietzsch that is the jewelry artist and the curator of this project focused on the decorativeness rather than the functionality of Bauhaus architectures, and asked me, “What is jewelry for architecture?” Therefore, we planed to cover the water tower covered with decoration of brick again with the decoration of ribbon that symbolizes decoration. It covers the part of the building as if a person is dressed instead of covering the whole building like works of Christo & Jeanne-Claude. The cylindrical shape is inspired by the dance costumes designed by Oskar Schlemmer. The water tower covered with the ribbons creates a chance to reaffirm the sense that ordinary appearance of the water tower gives to the people of the city.

Title  Reif (German)
Completion  26 August 2019 (Unbuilt)
Use  Installation
Site  Wasserturm Sud, 06110 Halle (Saale), Deutschland
Exhibition theme  Think Bauhaus - Building Jewellery in Architecture
Size  φ20.50m H33.85m
Material  Polyester ribbon W100mm L35m N720
Organizing  Art Foundation of the State of Saxony-Anhalt
Quration  Shmuck2 (Susan Pietzsch)
Design  Ryuji Nakamura and Associates
Photography  Ryuji Nakamura

 

ライフ

バウハウス100周年に当たって、当時バウハウスに所縁のある建築家によって設計された建物でインスタレーションを行うというプロジェクトである。デッサウに隣接するハレには、この様なバウハウスに関連する建物が多数残っていて、その一つである給水塔が展示場所である。この給水塔は、ウィルヘルム・フリーズ、ウィルヘルム・ヨースト、オスカー・ムーイらによって設計され、1927-29年に建設されたものである。この建物は、普段人が居ない給水塔というビルディングタイプでありながら鉄筋コンクリート製の構造をレンガで覆うという装飾性を持っている。内部も人を迎え入れるように噴水やペンダント照明によって飾られている。初期のバウハウス建築は表現主義と機能主義が共存していて、その特徴が現れている。ジュエリーアーティストであるキュレーターのスーザン・ピーチは、バウハウス建築がもつ機能性ではなく装飾性に注目し、「建築のためのジュエリーとはどんなものか?」という問いを私に投げかけた。そこで、レンガの装飾で覆われた給水塔を、装飾を象徴するリボンの装飾でもう一度覆うことにした。クリスト&ジャンヌ=クロードの作品のように建物全体ではなく、人が服を着るかのように部分を覆っている。円筒状の形は、オスカーシュレンマーのダンスコスチュームがモチーフとなっている。リボンで覆われた給水塔は、普段の給水塔が街の人たちに与えている感覚を改めて意識させるきっかけをつくる。

名称  ライフ(ドイツ語で霜、指輪などを意味する)
完成  2019年8月26日(アンビルト)
用途  インスタレーション
場所  ドイツ ハレ 06110 南給水塔
展覧会テーマ  シンク・バウハウス - ビルディング・ジュエリー・イン・アーキテクチャー
寸法  φ20.50m H33.85m
素材  ポリエステルリボン W100mm L35m N720
主催  ドイツ ザクセン=アンハルト州芸術財団
キュレーション  シュムック2(スーザン・ピーチ)
設計  中村竜治建築設計事務所
撮影  中村竜治

 
Ryuji Nakamura and Associates